スマホで動画を明るくする、暗くする、コントラストを変える

スマホで動画を明るくする、暗くする、コントラストを変える

android対応ios非対応

スマホの中の動画を明るくしたい、暗くしたい!または、コントラストを変えたい、色補正をしたい。これ、スマホ1つあれば全てできます。しかも無料で簡単にできるんです。さっそくやり方を見てみましょう。

このページでは無料の編集アプリ「PowerDirector」を使用します。
インストールした後に、下の編集方法をご覧ください。
PowerDirectorインストール
PowerDirectorインストール

スマホで動画を明るくする、暗くする


動画を撮ったけど、天気が悪くて少し動画が暗かった。よくありますよね。こんな時のために動画を明るくしたり暗くしたりする方法を見てみましょう。

編集アプリ「PowerDirector」をインストールし起動(Androidのみ対応)

PowerDirectorインストール

左のメニューから動画挿入のアイコンを押しましょう

対象の動画ファイルをタップしましょう

タイムラインという場所に動画が入りました。左上の矢印←をタップ。

タイムライン上の動画タップ

左の鉛筆アイコンをタップし、「カラー」をタップ

色補正の少し複雑そうな画面が出ます

左のアイコンをタップ。「輝度(きど)」で明るさを調節します。

輝度を右にスワイプすると動画が明るく

輝度を左にスワイプすると動画が暗くなりました!

再生してみましょう!

動画のコントラストとは?

動画の「コントラスト」とは何でしょう?
コントラストとは、動画内の最高輝度と最低輝度の比率のことです。難しいそうなので簡単に言い換えますね。コントラストの高い動画は、明暗がはっきりと分かれていてコントラストの低い動画は、明暗がはっきりと分かれていません。下の写真を見てみましょう。

これが通常時です。

 


これがコントラストの高い状態です。光は明るく、影は濃くなり、画面内の明暗がはっきりとしたのが分かります。

 


これがコントラストの低い状態です。全体的にボヤっと灰色がかって、画面内の明暗がボヤけたのが分かります。

 

この動画がコントラストは低くするべきではないのは分かると思います。しかし、高ければ良いというものでもありません。状況に応じて使い分けることが大事です。では、実際に、スマホでどうやってコントラストを変えるのか、やり方を見ていきましょう!

スマホで動画のコントラストを変える

編集アプリ「PowerDirector」をインストールし起動(Androidのみ対応)

PowerDirectorインストール

左のメニューから動画挿入のアイコンを押しましょう

対象となる動画ファイルをタップしましょう

タイムラインという場所に動画が入りました。左上の矢印←をタップ。

タイムライン上の動画タップ

左の鉛筆アイコンをタップし、「カラー」をタップ

色補正の画面が出ます

左のアイコンをタップ。この「コントラスト」を調節します。

コントラストを右にスワイプするとコントラストが高く

コントラストを左にスワイプするとコントラストが低くなります

実際に再生して、コントラストの違いを見てみましょう!