スマホで動画に時計、ストップウォッチ、カウントダウンを挿入する方法

スマホで動画に時計、ストップウォッチ、カウントダウンを挿入する方法

android対応ios非対応

スマホの無料アプリで動画内に時計、ストップウォッチ、カウントダウンを挿入する方法を詳しく紹介しています。実は簡単にできるんです!

 

時計といえば、朝のニュース番組で右上に表示されるあの時計です。こちらは文字の挿入で簡単に入れることができます。

 

ストップウォッチは、時間を計測する時に表示すると視聴者さんに分かりやすいですね。例えば、サッカーのリフティングをしている時間、料理動画ならば、料理を煮込んでいる時間などなど。カウントダウンは、何かアクシデントが起こる前に入れると、ドキドキ感を増すことができますね。5,4,3,2,1…ドンっ!みたいに。

このページでは無料の編集アプリ「PowerDirector」を使用します。
インストールした後に、下の編集方法をご覧ください。
PowerDirectorインストール
PowerDirectorインストール

動画内に時計を表示させる


まずは動画内に時計を表示させる方法を見てみましょう。字幕を入れる感じなので5分もあれば簡単にできます。

編集アプリ「PowerDirector」を起動

元となる動画を入れましょう

動画を入れる方法がわからない方はこちら

左のメニューからレイヤーの追加アイコンをタップし、「タイトル」をタップ

「デフォルト」をタップ

タイムラインにタイトルファイルが入ります

メインの編集画面に戻り、画面上のタイトルをタップ

好きな文字を入れられます

時計のように「○:○」を入れ、右のチェックをタップ

画面の中央に入力した時間が表示されます。けど、文字が背景と混ざって、なんだか見にくいですね…これを見やすくする方法を見てみましょう

表示された文字をタップ

左のメニューから鉛筆のアイコンをタップし、「タイトルデザイナー」をタップ

左の効果から境界線アイコンをタップ

境界線効果をオンにしましょう

「カラー」を黒に設定し、サイズを「2.5」にしましょう

文字が見やすくなりましたね!けど、画面の中央にあったら邪魔です。

文字を右上にスワイプしましょう

文字が大きすぎるかもしれません。文字の周りにある□を内側にスワイプすると、文字が小さくなります。

再生してみましょう。キレイに時計が表示されました!

動画内にストップウォッチを挿入する


次に動画内にストップウォッチを挿入する方法を紹介します。こちらは「クロマキー」という技術を使うので少しコツがあります。一緒に見てみましょう。

ストップウォッチの動画をダウンロードする

まずはストップウォッチ自体の動画を入手しなければなりません。インターネットに入り「ストップウォッチ 素材」で検索してみましょう。

「タグ検索:ストップウォッチ-ニコニ・コモンズ」というサイトに入りましょう

ストップウォッチの素材動画がたくさん表示されます。お好きなものを選びましょう。
ちなみに、このサイトでは、こちらのストップウォッチを使っています。

ダウンロードをタップ

ログインを求められます。無料なので、TwitterやGoogleのIDでログインしましょう。

ログインしたら再度ダウンロードをタップ

元動画にストップウォッチを入れる

編集アプリ「PowerDirector」を起動

元になる動画を入れましょう

動画を入れる方法がわからない方はこちら

レイヤー追加追加アイコンをタップし、「動画」をタップ

さきほどダウンロードしたストップウォッチの動画をタップ。普通は「Download」というフォルダに入っています。

タイムライン上に追加されたストップウォッチの動画をタップ

元の動画の上にストップウォッチが表示されます。すごく邪魔ですね。。。キレイに処理する方法は以下の通りです。

ストップウォッチを見やすくする

画面上のストップウォッチをタップ

ストップウォッチの角にある□を内側にスワイプしましょう。小さくなります。

画面の左下にストップウォッチをスワイプしましょう

この状態でもいいんですが、さらにキレイにします

左のメニューから鉛筆のアイコンをタップ。「クロマキー合成」をタップ。

クロマキー合成の画面になります。スポイトのアイコンをタップ。

画面上に現れたスポイトを黒い部分にスワイプしましょう

この状態で下のスポイトのアイコンをタップ。黒い部分が消えます。

再生してみましょう。キレイなストップウォッチが表示されましたね!

動画内にカウントダウンを挿入する


次に動画内にカウントダウンを挿入する方法を紹介します。
こちらも「クロマキー」という技術を使うので少しコツがあります。

まずはカウントダウンの素材をダウンロードします
「カウントダウン ニコニコモンズ」で検索しましょう

カウントダウンの動画素材がたくさん表示されます
お好きなカウントダウンをタップ
このページではこちらのカウントダウンを使用しています

「ダウンロード」をタップ

再度「ダウンロード」をタップ
これでスマホ内にカウントダウンの素材動画が入りました

編集アプリ「PowerDirector」を起動

元となる動画を入れましょう

動画を入れる方法がわからない方はこちら

左のアイコンからレイヤー追加アイコンをタップ
続いて「動画」をタップ

さきほどダウンロードしたカウントダウン動画をタップ

タイムラインにカウントダウンが入りました
タイムライン上のカウントダウン動画をタップ

元動画の上にカウントダウンが入りました
これを見やすく処理します

カウントダウンを左下にスワイプ

左のメニューから鉛筆のアイコンをタップ

「クロマキー合成」をタップ

クロマキー合成の画面になります
スポイトのアイコンをタップ

画面上のスポイトをスワイプして
画面内の黒い部分に合わせましょう
黒い所ならどこでもOKです

再度スポイトのアイコンをタップ
黒い部分がなくなりました

再生してみましょう
画面内にキレイにカウントダウンが入りました