スマホ1つで踊ってみた動画を完結させる方法

スマホで踊ってみた動画を完結させる方法

android対応ios非対応

 


スマホの無料アプリで、「踊ってみた」動画を作る方法を紹介しています。編集の初心者さんでも、全然大丈夫です。スマホで踊りを録画→無料アプリで簡単に編集→その場でインターネット上に公開!なんてことが可能になります。パソコンにつながないし、専門技術は要りません。やり方を見てみましょう。

準備する

@音源


みなさんがこれから踊る音楽を用意しましょう。また、音楽をスマホに入れて、ちゃんと再生できることを確認しましょう。再生できない場合は、音楽を再生できるアプリをインストールしなければなりません。
このページではこちらの無料アプリを使っています。

Aスマートフォン


最近(2019年)のスマホならビデオカメラに負けないくらい充分キレイな動画が撮れます。スマホで音楽を再生しながら、録画できることを確認しましょう。これができれば、1つのスマホで撮影しながら踊る時の音源を出すことができます。しかし、残念ながら、機種によっては音楽を再生しながら、動画の録画をすることができません。この場合、スマホは録画に使うので、パソコンやもう一つのスマホで音楽を出せるようにしなければなりません。

B編集アプリ「PowerDirector」(無料)

撮影した動画とBGMを合わせます。おしゃれなタイトルの設定もできますよ。

C三脚

スマホを固定するのに必須です。後で説明しますが、踊ってみたの撮影は低い場所から行うので、あまり長い三脚でなくても大丈夫です。1000円ぐらいから買えますが、少しいいのは2000円ぐらいします。高さ調節ができものではこちらがおすすめ。

スマホで踊りを録画する

用意ができたら、皆さんのスマホで踊りを録画しましょう

@立ち位置を決める

前後左右に動いても手が当たらない広い場所を選びましょう

Aスマホを三脚に固定する

踊る人とスマホの距離が大事です。
踊る人が手を上に上げても、画面に出ない距離をキープします。↓

体を大きく見せたいのであれば、多少は手が出ても大丈夫です。
有名な踊り手まなこさんの場合↓

また、三脚の高さも大事です。ヒザから腰までと低めに高さを調整します。そして見上げるように踊る人を撮影します↓

高さ調節ができものではこちらがおすすめ。

B音楽を再生する

三脚にスマホを固定した状態で音楽を再生します。この時、一曲を繰り返し再生するループ再生に設定しましょう。こうすると、曲が終わりそうな時にスタンバイして、再び曲が始まるときに余裕を持って踊りを始められます。

C録画を開始する

繰り返し再生している曲が終わる前に、録画を開始しましょう。ここで、録画を開始したときに、スマホの機種によっては音楽が止まってしまう場合があります。この場合は、音楽を別のプレイヤーで再生しなければなりません。友達のスマホや家のパソコンなどで代用しましょう。

D踊る

とりあえず踊りましょう!何度も撮り直しするかもしれませんが…

E録画を停止する

踊り終わったら録画を停止します。また、音楽も止めて、動画をチェックしてみましょう。納得のいく動画ができたら、いよいよ編集です。

編集アプリに踊ってみた動画を入れる


踊りを録画したら、次は編集です。「編集」というと、プロっぽい感じですが、全然、難しくないです。

 

@不要部分をカットする
A踊りと音楽を合わせる

 

この2つだけできてればOKです。全く編集したことない人でも大丈夫!とても簡単なので、さっそく見てみましょう!

編集アプリ「PowerDirector」を起動(Androidのみ対応)

PowerDirectorの最初の画面です

左のアイコンからメディアの挿入アイコンをタップ

みなさんのスマホ内の動画フォルダが表示されます。先ほど、踊りを録画したフォルダをタップ。通常は「Camera」内にあります。

踊りの動画をタップ

さらに+をタップ

「タイムライン」という場所に動画が入ります

左上の戻る矢印を2回タップ

ホーム画面で再生をタップ。編集アプリ内にみなさんの踊り動画が入りました!

編集アプリで不要部分をカット(トリミング)する

次に動画内の不要部分をカットします。「不要部分」ってどこでしょう?

 

@スマホを録画モードにして、立ち位置にスタンバイするまで
A踊り終わってスマホの録画を停止するまで

 

これらのシーンが入ってしまうとカッコ悪いですね。カットする方法を見てみましょう!

上の作業では、無料の編集アプリ「PowerDirector」のタイムラインに動画を入れました。タイムラインをスワイプして、踊りを開始する位置に青い線を合わせましょう。

踊り開始の前の部分が不要ですね

コツは、踊り開始の前に2秒ぐらいスタンバイ時間を残して、その前からカットすることです

カットしたい場所が決まったら、タイムラインを1回タップ

左のアイコン内のカッターをタップ

動画が分割されます

カット対象の動画をタップ

左のアイコン内のゴミ箱をタップ

不要部分がカットされました!

次に踊り終わった後の不要部分もカットします

不要部分の前にタイムラインを合わせましょう

タイムラインを1回タップ
左のアイコンからカッターをタップ

後ろの不要部分も分割されました

同様にゴミ箱に入れましょう

後半の不要部分もカットされました!

編集アプリに音楽を入れる

次に、動画に音楽を合わせます。
スマホの録画時に音楽も録音していると思いますが、必ず別に音源を用意しなければなりません。音量が低い、音質が悪いなどの理由があります。難しい操作はありませんので、やり方を見てみましょう。

不要部分がカットされた踊りの動画がタイムラインに入っているところから始めます。左のアイコンから「メディアの挿入」をタップ。

「音楽」アイコンをタップ
みなさんのスマホ内の音楽フォルダが表示されます

踊りの音楽が入っているフォルダをタップ

踊りの音楽ファイルをタップ

さらに+をタップ

タイムラインに音楽が入ります

左上の「戻る矢印」を2回タップ

おそらく動画内で流れている音楽と、追加した音楽がずれてしまっています。これを合わせる作業をしましょう。

タイムラインをピンチアウトして拡大しましょう

音楽ファイルを長押しすると黄色く囲まれます

そのまま左右にスワイプしましょう。動画内の音楽と一致するポイントを探します。

動画内の音楽の方が早い、遅い、だと踊りと音楽もずれてしまいます。何度も音楽ファイルを動かしてぴたっと合わせましょう。

ここまでできていれば、踊ってみた動画は十分に完成しています。

 

@不要部分をカットする
A踊りと音楽を合わせる

 

この2つさえクリアしていればOKです。人気の踊ってみた動画でも、この基本だけを守っている動画が多くあります。

 

タイトルを入れる
特殊効果を入れる

 

などの編集もありますが、これらも実はスマホでできます。別ページに紹介しています。
スマホで踊ってみた動画をオシャレ編集する方法

動画を保存する

最後に、動画を保存しましょう。
アプリ内で編集は完了しています。これを動画ファイルとしてスマホ内に保存することで、
好きなときに高画質で再生する、
友達と共有する、
動画投稿サイトにアップする
が可能になります。難しい話は置いといて、保存のやり方を見てみましょう!

編集が完了したら「動画出力」アイコンをタップ

「動画出力」をタップ

「ギャラリーまたはSDカードに保存」をタップ

「設定」をタップ

「ビットレート」をタップ

高画質を選択

「OK」をタップ

「出力」をタップ

広告が表示されるので「×」で消しましょう

動画の保存が始まります
20分ぐらいかかる場合もあるのでゆっくり待ちましょう
最後に「OK」をタップ

お疲れ様でした!
これで踊ってみた動画は完成です
タイトルを入れる
特殊効果を入れる
などなどのオシャレな編集はこちらからどうぞ