コマ撮り動画をスマホで作る

コマ撮り動画をスマホで作る

android対応ios非対応

 


スマホの無料アプリで、「コマ撮り」動画を作る方法を紹介しています。LEGOや人を少しずつ動かして写真を撮って、つなぎ合わせて動画にする。ストップモーションやアニメーションとも呼ばれてますね。根気さえあれば誰でもできるので、やり方を見てみましょう!

このページでは無料の編集アプリ「PowerDirector」を使用します。
インストールした後に、下の編集方法をご覧ください。
PowerDirectorインストール
PowerDirectorインストール

写真を撮る

同じ場所で撮る

「完全に同じ場所」です!カメラ(スマホ)を1mmも動かしてはいけません!手で持っての撮影は絶対にできません。なのでカメラ(スマホ)を固定しましょう。自作品で固定してもいいですが、シャッターボタンをタップする時にスマホが動いたら台無しです。スマホ用の三脚なら1000円ぐらいで買えます。リモコン付きの三脚がおすすめです。

同じ時間で撮る

出来れば夜に部屋の中で電気を点けて撮るのがベストです。昼間は太陽の光の影響を受けます。どうしても昼間に撮る場合は、太陽が沈んだりしないうちに一気に撮りましょう。部屋が暗くなってしまいますと、コマ撮りの連続感がなくなってしまいます。

一気に撮る

1つのシーンが完成するまで一気に撮りましょう。編集もスマホで行うので、固定していた三脚から外さなければなりません。1つのシーンが完了するまでスマホは1mmも動いてはいけないので、必ずまとめて撮影しましょう。

無料アプリで編集する

撮った写真をそのままスマホで編集しましょう。
スマホを動かしたら二度と同じ撮影場所には戻れないので全てのコマを撮ってから編集に入りましょう。

編集アプリ「PowerDirector」を起動(Androidのみ対応)

設定をタップ

画面の表示時間をタップ

スワイプして「0.5秒」にして「OK」

ホーム画面に戻りましょう

コマ撮りした写真をどんどん入れましょう

50枚ぐらいとかキリのいいとこで動画を保存しましょう


新規でプロジェクトを作り、保存した動画を入れましょう

メニューから「速度」をタップ

「2×」になるようにスワイプ

とりあえず1シーンは完成!


あとは上記手順を繰り返して1つの動画を完成させます。
根気さえあれば簡単ですので是非、チャレンジしてみましょう!

コマ撮り(ストップモーション)は根気勝負

 

1分間のストップモーションを作る場合、何枚の写真が必要になるでしょうか?なんと240枚です!このサイトのやり方の場合ですが。4分だと960枚、10分だと2400枚です。すごい枚数ですね…
最初のうちは楽しくても、そのうちしんどくなるかもしれません。なので、みんなでワイワイと作りましょう!よく聞くのが、休日前の夜に遅くまで友達数人で作っていたなんていう話です。友人の結婚についてあれこれ語りながらレゴを動かし続ける…素敵すぎますね!